HDPE(高密度ポリエチレン)容器をペイント(塗装)する方法。

ロボたんの材質をHDPE(高密度ポリエチレン)に変更して塗装します。

HDPE(高密度ポリエチレン)まず、この素材、HDPE(高密度ポリエチレン)は、通常、塗装できません。

しかし、どうしても、塗装しなければならないこともあります。

で、・・・

試行錯誤の末、現行では、BESTな方法を選択することにしました。

まず、塗装したい部分をペーパーがけします。

サンドペーパーは、320番~400番くらいを使用します。

これが、サンドペーパーがけ処理をしたところです。

↓ ↓ ↓

HDPE(高密度ポリエチレン)容器

画像が、暗くてスイマセン!!!

取りあえず、サンドペーパーがけをした後だということをご理解ください。

大きな面積をペーパーがけするには、写真画像のようにスポンジタイプのサンドペーパーもあります。

使ってみると、とても便利です。

細かな角になるようなところは、非常に、作業効率がアップして助かりますよ。

そして、次に、・・・

ここからが、大切なところとなってきます。

マジックインキとペイントマーカーの組み合わせで下地を作る。

写真画像の右側が、先にマジックインキで、下地の下地を塗ったところです。

この段階で、高密度ポリエチレンのペンキ塗装特有である「剥がれ」が殆どなくなります。

色斑は、ありますが、下地なのでOKとします。

見た目の綺麗さよりも、インキの吸着力に重点を置いて考えましょう。

そして、次に、・・・

写真画像の左側がペイントマーカーで、塗りつぶしたところです。

ペイントマーカーですので、こちらも色斑は、発生します。

しかし、この時点で、ペンキ自体は、しっかりと付着しているので、

高密度ポリエチレンに塗装をする。ペンキを塗る。

という、作戦は、遂行されたことになります。

そして、最後に、通常のペイントスプレーを塗れば完成です。

(ここでは、まだ、完成までの写真は撮れていないですが、、、)

私が、実行した中では、これが、今のところ

BESTな「作戦」であると思っております。

しかしながら、まだまだ、これから先に

もっと、上級なテクニックを完成させることができれば

また、記事にしたいと思っています。

ご期待ください。

(*^-^*)

追伸です。

この方法以外に、もっと、いい塗装の仕方があれば、コメント欄にて、ご教授ください。

よろしく、お願いします。 <( _ _ )>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る