飛行機体部品にかかる力とフェイルセーフ

ドローン:ロボたんテレビ

機体にかかる力

・空中を飛行する飛行機やヘリコプター・マルチコプターと言った機体には、様々な力が作用している。

・機体は、これらの力を常に受けている。

・様々な力を機体のそれぞれの部品(部材)が受け止め、耐えなければいけません。

・これらの部材に加わる内部の力を【応力】と呼びます。

フェイルセーフ構造

万が一の故障(破損)に備えて、一つの部品が壊れても、飛行機の飛行に影響が出ないように、部品を組み合わせる(設計する)ことを【フェイルセーフ構造】と呼びます。

代表的なフェイルセーフ構造

・レダンダント構造

・ダブル構造

・バックアップ構造

・ロードドロップ構造

ドローンの教科書 標準テキスト – 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る