航空法:ドローン講座 その2

ドローン:ロボたんテレビ

無人航空機の飛行禁止空域

(飛行の禁止空域)
第百三十二条  何人も、次に掲げる空域においては、無人航空機を飛行させてはならない。ただし、国土交通大臣がその飛行により航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないと認めて許可した場合においては、この限りでない。

一  無人航空機の飛行により航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれがあるものとして国土交通省令で定める空域
二  前号に掲げる空域以外の空域であつて、国土交通省令で定める人又は家屋の密集している地域の上空

第二百三十六条  法第百三十二条第一号 の国土交通省令で定める空域は、次のとおりとする。

一  進入表面、転移表面若しくは水平表面又は法第五十六条第一項 の規定により国土交通大臣が指定した延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域
二  法第三十八条第一項 の規定が適用されない飛行場の周辺の空域であつて、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要なものとして国土交通大臣が告示で定める空域
三  前二号に掲げる空域以外の空域であつて、地表又は水面から百五十メートル以上の高さの空域

第二百三十六条の二  法第百三十二条第二号 の国土交通省令で定める人又は家屋の密集している地域は、国土交通大臣が告示で定める年の国勢調査の結果による人口集中地区(地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないものとして国土交通大臣が告示で定める区域を除く。)とする。

ここで、注意しなければいけないのは、人口集中地区については、飛行の高さにかかわりなく、無人飛行機の飛行が禁止されているということです。

また、この飛行禁止空域は、自己所有の私有地の上空も含まれます。(ただし、飛行させる空間が、完全に仕切られた空間・室内・ネットなどで囲われた空間は、航空法の適用から除外されるので、人口集中地区でも飛行が可能である)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る