ロボたんの関節の動きをスムーズにするために・・・

腕や足の間接の動きをスムーズにしたい!!!

ロボたんの関節:スラスト 針状ころ軸受

ロボたんの関節部分で、行き詰っています。

スムーズな関節の動きを作りたいのですが、

通常の平ワッシャーの組み合わせでは、どうにもならなくなりました。

ロボたん1号は、サーボモーターを使わない関節で作ろうとしていますので、

どうしても、動きに「不器用さ」が残ります。

そこで、今回、この「スラスト 針状ころ軸受」を、各関節部分に組み込んで

作動実験をしてみたいと思います。

スラスト 針状ころ軸受

転動体が円筒状で断面高さが小さく、ほかの形式に比べそのスペースの割りに負荷容量と剛性が大きい。また慣性力が小さい。
ご使用用途にあわせて、針状ころ軸受のみでもお使いいただけます。
また、適合するワッシャー・内輪・外輪も取扱っています。

内径Dc1(Φmm) 10

外径Dc(Φmm) 24

幅Dw(mm) 2

材質(本体) 高炭素クロム軸受鋼

寸法Ea(Φmm) 21.7(参考)

寸法Eb(Φmm) 12.3(参考)

適合ワッシャー AS1100

参考質量(g) 2.8

基本静定格荷重Coa(N) 25300

基本動定格荷重Ca(N) 9150

適合内輪 WS81100

適合外輪 GS81100

転動体材質 高炭素クロム軸受鋼

許容回転速度(min-1)

グリース潤滑 3500

許容回転速度(min-1)

油潤滑 14000

エヌティーエヌ(NTN)説明書

今回、この「エヌティーエヌ(NTN) 精密樹脂MLEベアリング R-MLEW06」を使用してみた結果

思ったような動きがでなければ、再度、違うワッシャーか超薄型のベアリングを探したいと思います。

将来、専用のサーボモーターで、関節を作動させるようにする時までは、この方法を採用します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る