マルチコプターや飛行機の動きを表現する方法。

ドローン:ロボたんテレビ

対地速度

速さは、何かの対象物に対する表現をします。

車などの場合は、地面に対しての速度を使います。

これを、【対地速度】と呼びます。

対気速度

飛行機の場合は、、そこにある空気に対する速度を使います。

これを、【対気速度】または、【エアスピード】と呼びます。

機体と大気の相対速度のことを言います。

飛行機を離陸させる場合には、離陸速度を見る計器として、【対気速度計】を使います。

表現の解説

・飛行機が空中で受ける風に対する速度を対気速度と言う。

・地上に立っている人から見て飛行機が飛ぶ速度を対地速度と言う。

・地上を走る車は、対地速度で、表現されます。

・市販されている多くのマルチコプターは、対地速度計しか表示されない。

・「速度」を表す記号として「V」が用いられます。

ドローンの教科書 標準テキスト – 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る