マルチコプターの送信機

ドローン:ロボたんテレビ

送信機のモードについて

【プロポ】… 送信機

主な操作は2本の【スティック】と呼ばれる『舵』で行います。

【モード】… 2本のスティックに対する『舵』の割り当て。

・モード1… スロットルが、右スティックに割り与えられている。(日本では、主流)

〔左縦:エレベーター 左横:ラダー 右縦:スロットル 右横:エルロン〕

・モード2… スロットルが、左スティックに割り与えられている。

〔左縦:スロットル 左横:ラダー 右縦:エレベーター 右横:エルロン〕

プロポ(送信機)のチャンネル数

プロポには、チャンネル数というパラメーターがあります。

【チャンネル】… 割り当てる『舵』の数。

マルチコプターでは、①エレベーター ②エルロン ③ラダー ④スロットルの4つの「舵」を使う。つまり、4チャンネルの数をもつプロポを使用します。

トリム操作とは?

飛行中に、プロポのスティックをニュートラル状態にしても、機体が一定方向に移動または、傾く場合には、トリム調整をする。この操作のことを【トリム操作】という。

トリムを利用することで、舵のニュートラルポイントを変更し、常に舵をとった状態を作り出すことができます。

テレメトリーシステム

【テレメトリーシステム】… 飛行中の機体から高度や速度、バッテリー電圧といった情報を取得し表示する機能。

スマホ・タブレットなどの送信機

① スティックを持ったプロポ(送信機)で操作する機体。

② スマホ・タブレットなどを送信機として利用する機体もある。

注意点

飛行信号を送信する為に設計された専用のプロポに比べ、スマホやタブレットから発する電波は、その最大通信距離が短い場合が多い。

ドローンの教科書 標準テキスト – 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る